むくみは治したい。でも生活習慣は変えられないあなたへ。

 

何が原因かはわかっている。でも忙しくて生活習慣はなかなか変えられない。という方は、むくみを食事から改善すると良いでしょう!
今回はむくみに効果があるとされている栄養素をまとめてみました。

  1. むくみに良い栄養素と食べ物

    ■カリウム
    カリウムには体内の塩分を排出を促したり、水分量を適正に保つ働きがあります。
    カリウムを多く含むものは海藻類、ナッツ類、豆類、イモ類などがあります。
    特に多く含まれているものはバナナが挙げられます。(1本につき約500mg)、またカボチャやコンブ、ひじきなどにも多く含まれます。
    病気をお持ちの方はカリウム摂取を控えなくてはならない場合がございますので、ご注意下さい。

    ■サポニン
    利尿作用と悪玉コレステロールを排出するはたらきをするのがサポニンです。
    大豆などのマメ科のもの、スイカ、キュウリなどのウリ科の食べ物にも多く含まれます。
    ほかにもお茶やサプリメントからも摂取することができます。

    ■ポリフェノール
    ポリフェノールは色素や苦味の成分で植物に多く含まれます。
    注目されている作用として、抗酸化作用や血液をサラサラにする効果があります。
    ポリフェノールを多く含む食品には、明日葉、大豆や黒豆、ショウガ、緑茶、コーヒーなどがあり、
    バランスのよい食生活を心がけることで、自然と摂取することができます。
    ただし、がん治療をしている方は過剰摂取が禁止されていますので、ご注意下さい。

    ■ビタミンB1
    ビタミンの一種であるビタミンB1は糖質の分解を助け、血液をサラサラにするサポートをします。ビタミンB1はお米に多く含まれています。
    ほかにも豚肉や豆腐、カボチャ、ホウレンソウなどを食べる用にすると良いでしょう。

    ■ビタミンB6
    ビタミンB6はタンパク質の分解を助けてくれます。
    効果としては血液をサラサラに導きます。また、ホルモンバランスを整え、月経前に起こるむくみにも有効です。
    ビタミンB6は大豆、にんにく、マグロ、サンマ、カツオ、鮭、鶏肉、とうもろこし、バナナなどがに含まれます。

    冷凍や加工をしてしまうと減少してしまうため、食品が新鮮なうちに摂ることが大切です。
    また、ビタミン剤やサプリメントを大量摂取することで病気の原因になってしまうこともあるので、注意して下さい。

  2. むくみ解消につながる食品まとめ

    味の濃い食事は避けましょう。また、早食いや大食いもむくみにはよくありません。
    できるだけ魚中心のメニューがよりオススメです。上記に挙げたようなむくみに効果のある食品を取り入れ、
    すっきりしたボディを目指しましょう!