むくんでしまう原因は?

多くの方が悩まされている「むくみ」
なんでむくんでしまうか知っていますか?
今回は数ある「むくみ」の原因をまとめてみました。

  1. 長時間座りっぱなしでいる、同じ姿勢を長時間保ち続ける


    体内の水分は重力に従って足の方に集まります。
    これが原因で「むくみ」を引き起こすのです。

  2. 塩分の摂りすぎ


    塩分を取り過ぎると自然と喉が渇くもの。
    余分な塩分と水分を摂取すると体液(血液)が増え毛管内の水分が増えすぎてしまいます。
    その結果、血管が押し広げられて血圧が上がってしまい、毛細血管から水分が染みだして「むくみ」が生じるのです。

  3. 糖分の取り過ぎ


    糖分は水分を吸収するという特徴があります。
    なので、糖分をたくさん摂ると体の中では水分が上手くまわらず循環
    が悪くなります。
    当然代謝も悪くなりますし老廃物も排出されにくくなってしまい、結果むくんでしまうのです。

  4. アルコールの飲みすぎ


    飲酒をするとトイレがちかくなりますよね。
    そうなんです。アルコールには「利尿作用」があるのです。
    これが原因でからだが脱水症状と感知してしまい喉が渇きます。
    これが結果的に水分を過剰に摂ってしまいむくんでしまうということになるのです。

    他にも「暴飲暴食」「睡眠不足」「過労」など、生活習慣のみだれが「むくみ」の原因だったのです。